佐久市岩村田2193-1 tel:0267-88-6025

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

リウマチ科について

リウマチ科とは?

リウマチ科とは、関節痛を伴う病気を診断、治療する診療科です。 一般には、関節や筋肉などに痛みを生じる病気を示し、変形性関節症や痛風などの多くの疾患を含みます。その中でも代表的な病気が「関節リウマチ」です。当院では、この関節リウマチを中心に治療をおこないます。

関節リウマチの主症状は・・・

関節の腫れ 痛み 朝のこわばり

原因は特定されていませんが、関節リウマチとは、体を守ってくれる免疫システムのコントロールが崩れ、複数の関節に炎症を起こすことで関節の痛みや腫れを生じてしまう病気をいいます。この状態を放置すると関節が破壊され、動きが悪くなり、支持性が低下し、日常生活や仕事に支障を来たすようになります。

治療方法は、痛みを抑えつつ、抗リウマチ薬の効果を待つ

関節リウマチの治療の基本は、抗リウマチ薬を用いて関節の痛みや炎症を抑えて関節の破壊が起きないようにすること、さらには破壊された関節の動きを少しでもよくすることです。

治療目標は、寛解の達成と維持

関節炎が消失し、患者さん・医師ともに関節リウマチが治まっていると評価できる状態 を「寛解」といいます。この状態を維持することで関節が破壊されず、日常生活に支障なく過ごせることが治療の目標といえます。

抗リウマチ薬は、飲み薬と注射薬( 生物学的製剤)

「抗リウマチ薬」とは、関節炎を抑えて、関節の破壊の進行を抑えることができる薬をいいます。特に基本薬とされるメトトレキサート(MTX) は、効果が高いことから、関節リウマチと診断された後は、原則的にこの薬を使用します。服薬中は、副作用に注意し、3 ~ 6 ヶ月で効果を判定します。
また生物学的製剤は、本邦で平成15 年から認可された注射薬で、炎症をコントロールすることが困難な関節リウマチに高い有効性を示します。ただし、高価なことや肺炎などにかかりやすくなることから、全ての患者さんに使用できるものではありません。生物学的製剤をタイミングよく開始できても関節リウマチを根治させることは容易でないため長期にわたる治療が必要となります。

当院における超音波検査(関節エコー)の活用

超音波検査( 関節エコー) は、関節リウマチの早期診断や寛解維持の把握に不可欠な検査法であり、X 線被爆がなく無侵襲で関節炎の状態や、症状の程度や経過などの情報を瞬時に入手し、その画像をリアルタイムに患者さんに説明することが可能です。

診療科目 整形外科  リウマチ科  リハビリテーション科
所在地 長野県佐久市岩村田 2193-1
電話番号 0267-88-6025
診療時間 午前 8:45〜12:00
午後 14:30〜18:00
※土曜日は13:00まで
休診日 水曜日、日曜日、祝日  土曜日午後
アクセス 佐久平駅から2.5km
岩村田駅から1.5km
佐久I.Cより車で約10分

駐車場 18台

のざわ整形外科